医療マーク

新規開業の施設が介護ソフトを導入する場合の基本

高齢化に伴って介護サービスへのニーズが強まっており、全国各地に様々なタイプの施設が建設されています。また新しい施設では人材を十分に確保できないために、介護ソフトの導入で少しでも業務を効率化する必要があります。一方で新規オープンの施設には若手のスタッフが多いので、パソコンやタブレットを使った介護ソフトをすぐに導入できるメリットもあります。そのために施設を運営している責任者も、スタッフの能力を考えながら最も使いやすい製品を選ぶ取り組みを行っています。特に小規模な施設では、導入時の初期費用が割安なクラウド型の介護ソフトを選ぶことが多いです。アップデートも自動的に行われるので、パソコンなどの知識が豊富でない人も気軽に使うことができます。しかし規模の大きな介護老人保健施設では、カスタマイズが容易なパッケージ型の製品を選ぶのが一般的です。導入前に販売会社に見積もりを依頼すると、施設の規模や運営形態に合わせて最適なプランを提案してもらえます。またシェアの大きなソフト会社の製品であれば、導入後のサポートも充実しているので利用しやすいです。そしてスタッフが介護の現場でソフトを活用する場合には、タブレットで入力などの操作が可能な製品を選ぶべきです。

新規開業の施設が介護ソフトを導入する場合の基本

高齢化に伴って介護サービスへのニーズが強まっており、全国各地に様々なタイプの施設が建設されています。また新しい施設では人材を十分に確保できないために、介護ソフトの導入で少しでも業務を効率化する必要があります。一方で新規オープンの施設には若手のスタッフが多いので、パソコンやタブレットを使った介護ソフトをすぐに導入できるメリットもあります。そのために施設を運営している責任者も、スタッフの能力を考えながら最も使いやすい製品を選ぶ取り組みを行っています。特に小規模な施設では、導入時の初期費用が割安なクラウド型の介護ソフトを選ぶことが多いです。アップデートも自動的に行われるので、パソコンなどの知識が豊富でない人も気軽に使うことができます。しかし規模の大きな介護老人保健施設では、カスタマイズが容易…

介護ソフトで用紙を一元化!見るのも書くのも楽になります

介護ソフトの導入するメリットとして、たくさんの書類を管理する業務がなくなることが一番です。介護の仕事は、多岐に渡りますが、その一つ一つに様々な書類があり、その記録やチェック、印刷、ファイリング、破棄と書類を管理するだけでも一仕事です。また、記録をするための記録や、チェックをするためのチェック表など現場でおきる事故やヒヤリハット防止の為や、苦情対応のためにどんどん書類が増えていく傾向もあります。介護ソフトを導入することで、記録や確認作業が一元化できると、そういった紙類を管理したり記載したりする時間が大幅に減少し、利用者へのケアの時間が取れるようになります。また、書類やファイルが増えると、結局使わなくなったり、古くなって使えなくなったものが場所を取り、それを整理する時間の取れないまま、清潔…

介護ソフトの導入で介護の仕事が楽になります

介護スタッフの負担を少しでも減らしたいと考えているのでしたら、介護ソフトの導入を検討してみてはどうでしょうか?介護ソフトを導入する事で入居者の利用料の入金、未入金などのお金の情報や、介護記録、面会者の管理、予定表の共有などが出来るようになります。どの情報も基本的にスタッフ間で共有出来ますので、連携ミスなどを大きく減らすのに役立ちます。また、介護ソフトを導入する事でペーパーレス化出来ますので、紙で情報を管理しなければいけないという事も無くなります。紙とは違い介護ソフトなら欲しい情報がすぐに見つかりますので、余計な手間と時間を掛けずに欲しい情報を得られます。スタッフがタブレットやパソコンを使う事でどこからでも色々な情報を得る事が出来ますので、作業の効率化アップの手助けになっ…

介護ソフトを使用して仕事を楽にしよう

介護の現場では、人不足が深刻だというところも多いのではないでしょうか。現在、全国の介護現場で人不足が深刻化しており、残業が恒常化していることもあるでしょう。そうした現場では、利用者の方の対応に追われて事務作業がままならず、残業が増えている、だから求人を出しても人が来ないという悪循環に陥っている可能性もあります。こうした現場におすすめなのが、介護ソフトの導入です。介護ソフトは、いくつかメリットがあります。まずは、今まで紙ベースで処理していたものを、電子化することができることです。紙ベースで処理していると、どこに何があるか思い出せないということもあるでしょう。しかし、電子化しておけば、介護ソフト上で必要な書類を探すことができ、さらにしまう場所も省スペース化で…